ボーディングスクールが大切にしていること

オリジナル見出し01

世界にはさまざまな教育機関が存在していますが、中でも子どもの資質を伸ばしていくために多く選ばれているのは、ボーディングスクールです。



ボーディングスクールは、アメリカをはじめカナダやニュージーランド、オーストラリアなどの国に存在している全寮制の学校になります。

そこで学び生活をする子どもは、現地の子どものみならず、さまざまな国から集まってきています。


そして、違う人種の子どもたちと協力し合いながら生活を共にして、自分の国の環境からだけでは得られないものを吸収していくのです。

それは、多様性という中に身を置くからこそ得られるもので、感受性が豊かな時期に体感することで、考え方が偏らす、たくさんの物事を肯定的に捉えられるような思考が身に付いていくのです。

オンリーワンのAll Aboutに関する有益な情報が満載です。

ボーディングスクールの中では、どこも英語が使用されています。
子どものうちから英語の環境に身を置くことで、よりナチュラルな英語を習得することもできます。

多くの子どもたちが、ボーディングスクールを卒業したあとは、アメリカなどの名の通った大学へ進学していきますが、大切にしているのはそのための知識だけではありません。


特に個性を大切にし、子ども一人一人が持っている独自の資質を育て、自分の力で考えて行動し、未来を作り上げていく力を伸ばしていくことが重要視されているのです。



そして、人間的にも豊かな心を持った人格を形成できるよう、モラルや規律なども大切にしているのです。

関連リンク

  • タイトル21

    日本の学校の教育は、どちらかというと先生から課題を与えられて、それをこなしていくという形で勉強をしていきます。そこには自分で自分のことを理解し、何を選び、何をやっていくのかを考える機会があまりありません。...

  • タイトル22

    学校の教育を考えたとき、日本の学校は、生徒を効率よく勉強させる教育だと言われます。その多くが、必要最低限の学力をみんなが持てるようになるための教育や、大学に進学できるために効率よく学習していくことなどが目的とされ、あまり個性を育てるという考え方はないのです。...