幅広く活躍できる能力を育てるボーディングスクール

オリジナル見出し01

学校の教育を考えたとき、日本の学校は、生徒を効率よく勉強させる教育だと言われます。



その多くが、必要最低限の学力をみんなが持てるようになるための教育や、大学に進学できるために効率よく学習していくことなどが目的とされ、あまり個性を育てるという考え方はないのです。
それとは逆に、個を重んじることを第一に考えている学校が、世界にはあります。
その代表的なのが、ボーディングスクールです。

ボーディングスクールを卒業した子どもは、世界でも格式の高い大学に入学することがとても多いのですが、それでも重要視しているのは知識を詰め込むことではないのです。



大切なのは、自分の個性に気づき、それをもとにどんな未来を切り開き作り上げていくのか、ということです。


そのために、資質をどのように伸ばしていけば良いのか、それを先生が押し付けるのではなく、能動的に行動できるようにサポートしていくことが、先生の役目としています。

All Aboutの人気を今すぐチェックしよう。

このようなことが身に付いていけば、どんな環境に行っても活躍することができるようになります。その土台が作り上げられることが、ボーディングスクールの一番の強みなのです。

そのことから、わざわざ遠い国の子どもたちも、全寮制のボーディングスクールに留学して、さまざまな人種の子どもたちと一緒に多様性を体感しながら生活をしていきます。

そして、知識だけではない多くのことを学び、豊かな人間性を育みながら、成長していくのです。

関連リンク

  • タイトル21

    日本の学校の教育は、どちらかというと先生から課題を与えられて、それをこなしていくという形で勉強をしていきます。そこには自分で自分のことを理解し、何を選び、何をやっていくのかを考える機会があまりありません。...

  • タイトル22

    学校の教育を考えたとき、日本の学校は、生徒を効率よく勉強させる教育だと言われます。その多くが、必要最低限の学力をみんなが持てるようになるための教育や、大学に進学できるために効率よく学習していくことなどが目的とされ、あまり個性を育てるという考え方はないのです。...