国によってボーディングスクールの特色が異なる!

オリジナル見出し01

ボーディングスクールは世界各国にありますが国によって特色が異なります。

OKWaveに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

スイスは小学校低学年から受け入れな可能な学校があり教育水準が高いことで知られています。

アメリカ式やイギリス式などの教育プログラムを選ぶことが出来る学校から地域によってはフランス式の教育カリキュラムを持つ学校もあり多種多様です。



スイスのボーディングスクールの中には、小学校低学年から単身で受け入れ可能な学校もあります。
さらに最近では各国の大学に進学することが出来る国際バカロレアカリキュラムを採用している学校も増えてきているので自分に合った学校を探すことが大切になってきます。
続いてアメリカは中学生のビザを下りにくいと言われており多くの学生は高校から留学を始めます。中学生の留学の受け入れには厳しいですが、高校生になると英語が苦手な学生が授業についていけるようにESLという留学生のための英語クラスを用意している学校が多いです。
このように留学体制が整っているのがアメリカの特徴として挙げられます。


続いてイギリスは教育水準が高く小学校から留学の受け入れが可能な国があります。
しかしイギリスに一人で留学をする場合にはガーディアンと言われる現地の保証人が必要だったり年齢が上がるにつれて英語の語学力が求められます。出来る限り早めに留学をさせた方が適応しやすいと言われておりバランスのとれた教育を受けることが可能です。このように学校によって特色が異なるため事前にしっかりと調べてからボーディングスクールを選ぶように心がけましょう。



関連リンク

  • タイトル21

    日本の学校の教育は、どちらかというと先生から課題を与えられて、それをこなしていくという形で勉強をしていきます。そこには自分で自分のことを理解し、何を選び、何をやっていくのかを考える機会があまりありません。...

  • タイトル22

    学校の教育を考えたとき、日本の学校は、生徒を効率よく勉強させる教育だと言われます。その多くが、必要最低限の学力をみんなが持てるようになるための教育や、大学に進学できるために効率よく学習していくことなどが目的とされ、あまり個性を育てるという考え方はないのです。...