自ら考えるボーディングスクール

オリジナル見出し01

日本の学校の教育は、どちらかというと先生から課題を与えられて、それをこなしていくという形で勉強をしていきます。

そこには自分で自分のことを理解し、何を選び、何をやっていくのかを考える機会があまりありません。そのため、多くの子どもたちが、同じようなことを身に付けていくことになります。

OKWaveの情報ならお任せください。

日本では、歴史的に教育の方針が方針が決まっており、どのように多くの子どもたちに、一定の学力を身に付けさせるかが、ポイントになってきました。そのため、効率よく学習をさせることが重要になっているのです。
アメリカやイギリス、ニュージーランド、オーストラリアなどにあるボーディングスクールでは、このような効率重視の一律の教育はされていません。



それは、人それぞれ個性や資質が違っていて、それを自分で認識し、自分で伸ばしていくことが重要だと考えているからです。

そして、そのような能力が身に付くことで、さまざまな環境で自分を活躍させることができるようになるのです。


このようなことから、ボーディングスクールではさまざまなものに触れる機会を大切にしています。学問の勉強だけではなく、芸術や体育など、感性を高めて身体を動かし、より多くの機会から自分を知ることができるように環境を整えているのです。


そして、先生は、子どもの資質や個性を分かっていても、それを教えることはありません。

それに自ら気づいてもらえるように、サポートをします。



このようなことが、ボーディングスクールの特徴的な部分なのです。

関連リンク

  • タイトル21

    日本の学校の教育は、どちらかというと先生から課題を与えられて、それをこなしていくという形で勉強をしていきます。そこには自分で自分のことを理解し、何を選び、何をやっていくのかを考える機会があまりありません。...

  • タイトル22

    学校の教育を考えたとき、日本の学校は、生徒を効率よく勉強させる教育だと言われます。その多くが、必要最低限の学力をみんなが持てるようになるための教育や、大学に進学できるために効率よく学習していくことなどが目的とされ、あまり個性を育てるという考え方はないのです。...